生産・搬送機や表面処理設備と燃焼装置から環境を考慮した高圧圧送・微粒化装置設備をご提供

ボイラー熱源への応用装置

斬新な発想と技術改革で環境技術をリード!!

混合燃料の研究開発や調合技術革新に取り組み、燃料削減とクリーン燃焼を目指します。

弊社の新たなる研究開発に御期待下さい。

燃焼装置ボイラー熱源への応用

新環境型混合燃料を使用し、貫流ボイラーや水管ボイラーの熱源として燃料の節約を致します。
又、クリーンな排ガスを実現致しました。環境に最適で易しい熱源を提供致します。

◆新環境型混合燃料とは油1:水3の混合燃料です。油の種類は鉱物油(A・B・C重油、灯油など)、植物油(食用廃油など)、合成油、廃油(潤滑油、作動油等)です。水の種類は上水、中水、工水、工場廃水などを使用出来ます。
◆新環境型混合燃料は70%の高含水燃料で、燃焼による排気ダストはほぼ有りません。(A重油使用時)ダイオキシンの発生原因の炭素分を完全燃焼する為、ダイオキシンフリー(極少)です。

ボイラー熱源応用の特徴

  • 1. 燃料削減率は30%(保証値25%)です。
  • 2. 燃焼中の混合燃料含水量は70%です。
  • 3. 既存の燃焼装置に改造可能です。(ご相談下さい)
  • 4. 1台の燃料混合装置にて、燃焼装置2台運転可能です。

貫流ボイラー搭載

貫流ボイラー搭載

水管ボイラー搭載

水管ボイラー搭載

新環境型混合燃料製造装置

新環境型混合燃料製造装置

燃焼テスト

燃焼テスト

トータルランニングコストのイメージ比較

トータルランニングコストのイメージ比較